2019年10月07日

月曜日は、映画・ドラマ♪︎

3年前、ご縁あって尺八のライブに行ったら、呉の焼山出身の作曲家、藤井清水さんの親戚の方だと知りました。

実は、その次の日曜日に、『藤井清水童謡大会』に行くと言うタイミングでした。

その場で、呉出身のピアニストで、藤井清水さんを敬愛している女性に電話しました。

それがご縁で、昨年『藤井清水童謡大会』を観に来てもらったり、広のライブの前座させて頂きました。

そして、昨日の『藤井清水音楽祭』に繋がります。

繋げたピアニストのおかげで、今回の尺八の演奏が実現したんです。

演奏も素晴らしかったのですが、インタビュータイムもあり、藤井清水さんに対する想いとか聴けて良かったです。

今回、その方が出演されると言うので、地元やお江戸とかの親戚が集まり、その方達も今回初めて繋がりました。

時間あったらお食事でもと連絡したら、息子さんやその親戚も一緒ですが、どうですかと返事が来ました。

出席させてもらい、話を聴いていたら、藤井清水さんは、医者で作曲家ですが、親戚には政治家、マスコミ関係のレジェンド、山賊や海賊の流れがあったり、びっくりするような家系でした。

20191006223724691.jpg

20191006223748487.jpg

20191006223805644.jpg

そんな中で、映画やドラマで日本で唯一、時代考証家としてお仕事をされている広島出身の女性がいらっしゃいました。

実は、某国営放送の『すっぴん!』と言う番組に出演されていて、何度となく聴いた事のある方でした♪︎

普通、時代考証の先生は、台本をチェックするだけの方が多いのですが、彼女は現場主義なんだそうです。

日曜劇場で大ヒットした『仁』や、昨年私も参加した『この世界の片隅に』も担当されました。

エキストラで遅い時間になり、男女比で女性が多くなった時、江戸時代はそんなに夜、沢山の女性が歩いてないとか、いろいろ裏話聴かせてもらいました。

今年もいろんな方との出逢いがありましたが、2019年最幸な繋がりです♪︎

愛感謝


#藤井清水 #時代考証家
posted by レインボー・KEN at 07:07| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする