2019年11月04日

役者やのう♪︎

先週紹介した『ニッポンノアールー刑事Yの反乱』。

『スカーレット』でダメ親父役やっている北村一輝さんが、個性的な警視庁一課長役を好演しています。

『なつぞら』でなつの先輩役やっていた井浦新さんもかなり怪しい役です。

これもなつの幼馴染み役だった工藤阿須加さんも、誰?って言う位弾けています。

主役の賀来賢人さんが映えるのも、脇が頑張っているからですね。

『孤狼の血』もそうでしたが、いくらドラマでもこんなに警察の不祥事を描いていいのかなって感じがします。

毎日のようにゴールデンで放送されていた時代劇はいつの間にかなくなってしまいましたが、警察のドラマは無くなりませんね。

『相棒』の水谷豊さんや、『科捜研の女』沢口靖子さんのように、何をやってもそのイメージがついてしまうのもある面凄い事ですが、いろんな役やってみたいでしょうね。

最近はヤクザ映画が少ないので、『孤狼の血』白石和彌監督のところに役者からの売り込みが沢山あったようです。

『007』シリーズのジェームス・ボンド役で一世を風靡したショーン・コネリーさんは、潔く役を降りて、個性派俳優として大成功しました。

ドラマを観る時は、本筋よりエキストラ目線で観てしまいます。

エクストラとしての目標は、朝ドラ、日曜劇場に出たから、次は大河ドラマ、月9あたりかな。

#役者

20191104083603197.jpg
posted by レインボー・KEN at 08:09| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする