2019年11月21日

やくざ監督と呼ばれて♪︎

先週、ご縁のあった作家さんを書きましたが、1番インパクトの強かった人を忘れていました。

元開星高校野球部監督、野々村直通さんです。

ある勉強会で、川口雅昭さんの講演会を聴きました。

岩国出身で、吉田松陰先生の研究を長年されていて、その話を中心にされたんですが、広島大学時代野球部に所属されていた話をされました。

野球部時代の先輩と今でも付き合いがあり、奇想天外な監督の楽しいお話を聴かせてもらいました。

実は、私の従兄弟が広大野球部ファーストで4番だったので、川口さんに話してみたら、直接知らないのでと、その場で野々村監督に電話されました。

直接話したら、従兄弟は同じポジションの先輩で、よくしてもらったんだと言ってもらいました。

従兄弟が卒業した後、野々村監督の世代に全国大会に行かれてたんです。

府中東の監督をされていた時は、日参して元カープの片岡投手を口説き落とし、甲子園出場。

開星高校も、女子校だった高校を9回も甲子園に連れていきました。

甲子園の抽選会に奇抜な格好で現れたり、21世紀枠の学校に負けた時には、問題発言したりと、破天荒で『やくざ監督』と呼ばれていました。

島根に優勝旗をと頑張っておられましたが、夢叶わず、今では教育評論家として活躍されています。

引退されて後、広島で講演会があり、お話して一緒に写真撮って頂きました。
  • 20191120065104284.jpg
posted by レインボー・KEN at 07:07| Comment(0) | 読書・美術・そして旅 | 更新情報をチェックする