2019年11月30日

カレーうどん♪︎

自宅の近くは、いつの間にか広島名物になった汁なし坦々麺の名店が乱立しています。

山椒が趣味じゃないので、鰻にもかけないし、汁なし坦々麺も数える位しか食べた事がありません。

そんな汁なし坦々麺で有名なお店、2店にあるカレーうどんがなかなかのおすすめです。

カレーもうどんも1つの主食として成立していますが、日本独特のコラボですね。

他にも、カツカレー、コロッケパン、焼きそばパンとかいろんな組み合わせが存在します。


明治43年、東京目黒の蕎麦屋「朝松庵」がメニューにカレーうどんを出し、その100年後の2010年、「カレーうどん100年革新プロジェクト」が制定しました。日付は6月2日が以前「横浜・カレー記念日」であったこと、7月2日が「うどんの日」であることから、8月2日をカレーうどんの日にしました。

『デリカセロリ』のカレーうどんは、レンコンが入った珍しいカレーです。

サービスの温泉卵とご飯で、いろいろな食べ方を楽しめます♪︎

カレーもいろんな種類がありますが、カレーうどんもお店に寄って全然違いますね。

記事書いてたら食べたくなったので、宮崎から凱旋したら食べに行きます♪︎

20191129124357464.jpg

もう1つおすすめなのが、『讃岐屋』の鍋焼きカレーうどんです。

普通のカレーうどんは年中ありますが、鍋焼きは冬季限定なんです。

うちの父親は、店長さんにお願いして、いつもルー濃い目のスペシャルバージョンを注文しています。

20191130064855362.jpg

posted by レインボー・KEN at 07:07| Comment(0) | グルメ・健康 | 更新情報をチェックする