2020年04月13日

大林宣彦監督♪︎

朝ドラ『エール』が月金になったり、日曜劇場『半沢直樹』のスタートが伸びたり、新型コロナの影響でロケも大変な事になっているようです。

当然エキストラの情報も入ってきませんね。

この秋に楽しみにしている映画のロケもどうなるのかわかりません。

一昨年の夏、災害で大変だった時期に参加した大林宣彦監督の『海辺の映画館ーキネマの玉手箱』、4月10日に公開予定が延期になりました。

その日が大林宣彦監督の命日になってしまいました。

昨年の広島国際映画祭で、ヒロシマ国際平和映画賞授賞された時に拝見させて頂きましたが、平和をテーマにした179分の大作です。

私は、会津軍の兵士と、女郎屋通いの漁師の役で参加させてもらいました。

私がラン入した日も夜遅くまで頑張っておられ、帰る時にサインまでして頂きました。

前作で余命宣告され、今回も本当に完成させられるのかなと思っていましたが、連日映画祭にも参加され、授賞式でもお話されました。

次もまた撮りたいと話しておられましたが、ラストが12年振りの尾道での作品で良かったです。

20200412233912970.jpg

20200412233935102.jpg

映画で平和を作るという理想は、故・黒澤明監督から大林監督へと託されたとお話されていましたが、次は誰が引き継いでくれるのでしょうかね。

撮り残した映画を天国で撮られるのでしょうが、いい役者さんがいっぱいなので困る事はないでしょう♪︎
posted by レインボー・KEN at 06:06| Comment(0) | 映画・ドラマ | 更新情報をチェックする