2020年08月13日

暴虎の牙♪︎

映画化され大ヒットした『孤狼の血』の最終章『暴虎の牙』を読んでいます♪︎

今年クランクイン予定の『凶犬の眼』では、役所広司さんが演ずる大上は殺されていて出番はありません。

ただ脚本はかなり変更されているみたいで、サプライズで回想シーンとかあるかもですね。

今回の『暴虎の牙』では、まだ松坂桃李さん演ずる日岡と出逢ってない頃からスタートするので、こちらの映画化も楽しみです♪︎

白石和彌監督とは、ロケで3回、キックオフパーティと、レッドカーペット、そして監督のロケ地巡りのお手伝いさせてもらった時と6回もご縁があり、お話させて貰う機会もありました。

私は行かなかったのですが、別府の映画祭ではエクストラメンバーが一緒にカレー食べに行ったそうです♪︎

原作の柚月裕子さんは、キックオフパーティが終わって下に降りたら、ナイスタイミングで遭遇、サインと写真をお願いしたら、快く応じて貰いました!!

『凶犬の眼』出版記念で再会したら覚えて貰っていて、ダイソーの刺青そでをプレゼントさせて頂きました。

チャーミングな女性で、作品とのギャップが半端ないです!!

すぐに買って読みたかったのですが、サイン会での再会楽しみにしていたので、図書館で借りました。

コロナ禍とサイン会のあった書店が無くなったので、いつになるかわかりません。

『凶犬の眼』が完成して、また来広されるのを楽しみにしています。

20200813065716751.jpg

20200813064034575.jpg

20200813064739613.jpg
posted by レインボー・KEN at 06:06| Comment(0) | 読書・美術・そして旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください